タイトル

開講年度 開講学部等
2016  創成科学研究科化学系専攻
開講学期 曜日時限 授業区分 AL(アクティブ・ラーニング)ポイント YFL育成プログラム
前期 木1〜2   5.7ポイント  
時間割番号 科目名[英文名] 単位数
3261030100 有機化学特論   [Advanced Organic Chemistry] 2
担当教員[ローマ字表記]
上村 明男 [KAMIMURA Akio], 西形 孝司 [NISHIKATA Takashi], 川本 拓治 [KAWAMOTO Takuji] 
授業科目区分   対象学生   対象年次   
開設科目名(英訳)
Advanced Organic Chemistry
 
使用言語
日本語
 
概要(共通教育の場合は平易な授業案内)
The aim of the course is to show organic reaction as a tool of constructing desired molecules. Important principles for orgabic synthesis such as stereoselection, chemoselection, orbital symmetry, and so on, are also included.
 
一般目標
When finishing the course, the students are expected to be able:
- To have deep insight on organic chemistry as a tool to construct complex molecules
- To use the knowledge for plannning a synthesis for simple organic molecules
- To evaluate a synthetic plan properly.
 
授業の到達目標
知識・理解の観点 When finishing the course, the students are expected to be able:
- To have deep insight on organic chemistry as a tool to construct complex molecules
- To use the knowledge for plannning a synthesis for simple organic molecules
- To evaluate a synthetic plan properly.
思考・ 判断の観点 When finishing the course, the students are expected to be able:
- To have deep insight on organic chemistry as a tool to construct complex molecules
- To use the knowledge for plannning a synthesis for simple organic molecules
- To evaluate a synthetic plan properly.
 
授業計画
Lecture and problem set
 
【週単位】
※AL(アクティブ・ラーニング)欄に関する注
①A~Fのアルファベットは、以下の学修形態を指しています。
【A:グループワーク】、【B:ディスカッション・ディベート】、【C:フィールドワーク(実験・実習、演習を含む)】、【D:プレゼンテーション】、【E:振り返り】、【F:宿題】
②【多】、【中】、【少】は授業時間内におけるALが占める時間の割合を指しています。
【多】:授業時間の50%超、【中】:授業時間の15%~50%、【少】:授業時間の15%未満。「振り返り」と「宿題」については該当する場合に【あり】と表示されます。
項目 内容 授業外指示 授業記録
A B C D E F
第1週 Carbon-carbon bond forming reactions-using carbanion chemistry (1) malonic acid synthesis, etc. Writing an essay a recent communication paper related to the reactions learned in the lecture hours.   【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) -------- 【あり】
第2週 Carbon-carbon bond forming reactions-using carbanion chemistry (2) Knoevenagel reaction, Mannich reaction, Wittig reaction, etc. Writing an essay a recent communication paper related to the reactions learned in the lecture hours.   【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) -------- 【あり】
第3週 Carbon-carbon bond forming reactions-using carbanion chemistry (3) Aldol reactions; 6-membered transition state, etc. Writing an essay a recent communication paper related to the reactions learned in the lecture hours.   【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) -------- 【あり】
第4週 Carbon-carbon bond forming reactions-using organometallic chemistry (1) Organimetallic compounds with Li, Mg, Al, Zn, Cu Writing an essay a recent communication paper related to the reactions learned in the lecture hours.   【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) -------- 【あり】
第5週 Carbon-carbon bond forming reactions-using organometallic chemistry (2) Organimetallic compounds with B, Si, Sn Writing an essay a recent communication paper related to the reactions learned in the lecture hours.   【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) -------- 【あり】
第6週 Carbon-carbon bond forming reactions-using organometallic chemistry (3) transition metal catalyst; Pd, Rh Writing an essay a recent communication paper related to the reactions learned in the lecture hours.   【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) -------- 【あり】
第7週 Carbon-carbon bond forming reactions-pericyclic reactions/ring enclosure (1) Diels-Alder reaction, 1,3-dipolar cycloaddition, Claisen rearrangement Writing an essay a recent communication paper related to the reactions learned in the lecture hours.   【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) -------- 【あり】
第8週 Carbon-carbon bond forming reactions-pericyclic reactions/ring enclosure (2) Baldwin rule, radical cyclization, RCM reaction Writing an essay a recent communication paper related to the reactions learned in the lecture hours.   【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) -------- 【あり】
第9週 Carbon-carbon bond forming reactions-pericyclic reactions/ring enclosure (3) Unit coupling; strategy and methods Writing an essay a recent communication paper related to the reactions learned in the lecture hours.   【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) -------- 【あり】
第10週 and reduction (1) Oxidation of alcohols, alkenes, asymmetric oxidation Writing an essay a recent communication paper related to the reactions learned in the lecture hours.   【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) -------- 【あり】
第11週 Oxidation and reduction (2) Felkin-Anh model, reduction of carbonyl compounds, hydrogennation, etc. Writing an essay a recent communication paper related to the reactions learned in the lecture hours.   【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) -------- 【あり】
第12週 Protective Groups silyl ethers, carbamates, acetals, etc. Writing an essay a recent communication paper related to the reactions learned in the lecture hours.   【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) -------- 【あり】
第13週 Functional group transformation Vilsmeier reaction, formation of alkynes, DMAP, etc. Writing an essay a recent communication paper related to the reactions learned in the lecture hours.   【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) 【少】(授業時間の15%未満) -------- 【あり】
第14週 Problem sets (1)   Solve a problem set beforehand   【少】(授業時間の15%未満) 【多】(授業時間の50%超) 【少】(授業時間の15%未満) 【多】(授業時間の50%超) -------- 【あり】
第15週 Problem sets (2)   Solve a problem set beforehand   【少】(授業時間の15%未満) 【多】(授業時間の50%超) 【少】(授業時間の15%未満) 【多】(授業時間の50%超) -------- 【あり】
第16週 exam   submit a research proposal and an interview on it   【少】(授業時間の15%未満) 【多】(授業時間の50%超) 【少】(授業時間の15%未満) 【多】(授業時間の50%超) -------- --------
5.7ポイント
 
成績評価法
exam
 
  知識・理解 思考・判断 関心・意欲 態度 技能・表現 その他 評価割合(%) JABEE収集資料
定期試験(中間・期末試験) --- --- --- --- 100% ---
小テスト・授業内レポート --- --- --- --- --- --- --- ---
宿題・授業外レポート --- --- --- --- --- --- --- ---
授業態度・授業への参加度 --- --- --- --- --- --- --- ---
受講者の発表(プレゼン)・授業内での制作作品 --- --- --- --- --- --- --- ---
演習 --- --- --- --- --- --- --- ---
出席 --- --- --- --- --- --- 欠格条件 ---
その他 --- --- --- --- --- --- --- ---
 
ルーブリック等の評価基準 ファイル名 備考
設定されていません。  
 
 
(注)ルーブリックとは、評価水準である「尺度」と、尺度を満たした場合の「特徴の記述」で構成される評価指標のことを言います。
 
教科書にかかわる情報
教科書 書名 有機合成のナビゲーター ISBN  
著者名 上村明男 出版社 丸善 出版年 2004
 
教科書その他の情報
 
 
参考書にかかわる情報
参考書 書名 Classics in Organic Synthesis ISBN 3-527-29284-5
著者名 K. C. Nicolaou, et. al. 出版社 Wiley-VCH 出版年  
参考書 書名 Classics in Organic Synthesis II ISBN  
著者名 K. C. Nicolaou, et. al. 出版社 Wiley-VCH 出版年  
参考書 書名 Advanced Organic Chemsitry, March, 6th edition ISBN  
著者名   出版社   出版年  
 
参考書その他の情報
 
 
メッセージ
Finishing this course will be a passport for your future as an independent reaseracher in the field of synthetic organic chemistry. Any students in Graduate School of Medicine and Science and Technology, Yamaguchi University can take this class. The remote lecturing system of Yamaguchi Univertsity may be used on request.
 
キーワード
 
 
 
関連科目
 
 
連絡先
 
 
オフィスアワー
 
 

ページの先頭へ