タイトル

開講年度 開講学部等
2020  創成科学研究科建設環境系専攻
開講学期 曜日時限 授業区分 AL(アクティブ・ラーニング)ポイント YFL育成プログラム
前期 火5〜6 講義 2.5ポイント  
時間割番号 科目名[英文名] 単位数
3262220320 建築構造設計学特論   [Advanced Architectural Structure Design] 2
担当教員[ローマ字表記]
秋田 知芳 [AKITA Tomofusa], 山田 和彦 
授業科目区分   対象学生   対象年次   
持続可能な開発目標(SDGs)
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
開設科目名(英訳)
建築構造設計特論(Advanced Architectural Structural Design)
 
使用言語
日本語
 
概要(共通教育の場合は平易な授業案内)
建築物の構造設計を行うためには、学部で学んだ構造力学や各種構造(RC造、S造など)、施工に関する知識の他、法で定められた構造設計の方法など、非常に幅広い知識が要求される。本授業科目では、建築物の構造設計を行うために必要な知識を講義する。
 
一般目標
建築物の構造設計を行うために必要な知識を学び、得た知識を基に構造設計について自ら学んでいくことができるようにする。
 
授業の到達目標
知識・理解の観点 1)地震被害と耐震設計の関係を理解する。
2)建築物の構造設計に係わる規定を理解する。
3)構造解析の方法を理解する。
4)制振構造、免震構造の基本原理を理解する。
5)耐震診断、耐震補強の方法を理解する。
思考・ 判断の観点 1)工学的な視点から構造設計について考えることができる
 
授業計画
建築構造設計に関する基本的な内容について幅広く講義する。
最も基本的な内容である耐震構造の設計、構造解析の方法を学んだ後、発展的な内容である制振構造、免震構造、耐震補強等について学ぶ。
 
【週単位】
※AL(アクティブ・ラーニング)欄に関する注
①A~Fのアルファベットは、以下の学修形態を指しています。
【A:グループワーク】、【B:ディスカッション・ディベート】、【C:フィールドワーク(実験・実習、演習を含む)】、【D:プレゼンテーション】、【E:振り返り】、【F:宿題】
②【多】、【中】、【少】は授業時間内におけるALが占める時間の割合を指しています。
【多】:授業時間の50%超、【中】:授業時間の15%~50%、【少】:授業時間の15%未満。「振り返り」と「宿題」については該当する場合に【あり】と表示されます。
項目 内容 授業外指示 授業記録
A B C D E F
第1週 構造設計の概要 構造設計の概要、構造設計者の役割について学ぶ。 講義内容についての復習を行う。レポートを作成する。(目安時間:3時間)   -------- -------- -------- -------- 【あり】 【あり】
第2週 地震被害と耐震設計 過去の地震による建物の被害、耐震設計の発展につい学ぶ。 講義内容についての復習を行う。レポートを作成する。(目安時間:3時間)   -------- -------- -------- -------- 【あり】 【あり】
第3週 耐震構造1 構造設計における荷重および外力、1次設計と2次設計について学ぶ。 講義内容についての復習を行う。レポートを作成する。(目安時間:3時間)   -------- -------- -------- -------- 【あり】 【あり】
第4週 耐震構造2 各種構造(RC造、S造、SRC造、木造)の設計ルートについて学ぶ。 講義内容についての復習を行う。レポートを作成する。(目安時間:3時間)   -------- -------- -------- -------- 【あり】 【あり】
第5週 耐震構造3 保有水平耐力について学ぶ。 講義内容についての復習を行う。レポートを作成する。(目安時間:3時間)   -------- -------- -------- -------- 【あり】 【あり】
第6週 耐震構造4 必要保有水平耐力、Ds、Fesについて学ぶ。 講義内容についての復習を行う。レポートを作成する。(目安時間:3時間)   -------- -------- -------- -------- 【あり】 【あり】
第7週 限界耐力計算 限界耐力計算の方法について学ぶ。 講義内容についての復習を行う。レポートを作成する。(目安時間:3時間)   -------- -------- -------- -------- 【あり】 【あり】
第8週 施工現場 建物の施工現場の実例を学ぶ。 講義内容についての復習を行う。レポートを作成する。(目安時間:3時間)   -------- -------- -------- -------- 【あり】 【あり】
第9週 構造解析~建物のモデル化 建物を1自由度系/多自由度系にモデル化する方法を学ぶ。 表計算ソフトを用い、実建物のせん断型多自由度モデルを作成する。(目安時間:3時間)   -------- -------- 【中】(授業時間の15%〜50%) -------- -------- 【あり】
第10週 地震応答解析 数値解析にて建物の地震時挙動を計算する方法を学ぶ。 表計算ソフトにて1自由度系の地震応答解析を行う。(目安時間:3時間)   -------- -------- 【中】(授業時間の15%〜50%) -------- -------- 【あり】
第11週 耐震診断・耐震改修 耐震診断の方法を学ぶ。多自由度系のモード分解について学ぶ。 Matlab/Octaveにて、多自由度系モデルの固有値解析、モード分解を行う。(目安時間:3時間)   -------- -------- 【中】(授業時間の15%〜50%) -------- -------- 【あり】
第12週 制震・免震 制震・免震の力学について学ぶ。多自由度系の地震応答解析の数値解析について学ぶ。 Matlab/Octaveにて、多自由度系モデルの地震応答解析を行う。(目安時間:3時間)   -------- -------- 【中】(授業時間の15%〜50%) -------- -------- 【あり】
第13週 非線形地震応答解析 非線形特性を考慮した応力解析法、地震応答解析法について学ぶ。 Matlab/Octaveにて、加速度応答スペクトルを計算する。(目安時間:3時間)   -------- -------- 【中】(授業時間の15%〜50%) -------- -------- 【あり】
第14週 地中内の地震動伝播 地中内の地震動の伝播について学ぶ。 Matlab/Octaveにて、地中内の波動伝播を計算する。(目安時間:3時間)   -------- -------- 【中】(授業時間の15%〜50%) -------- -------- 【あり】
第15週 地盤と基礎 地盤の特性試験や基礎の設計に必要な事項を学ぶ Matlab/Octave等を用いて地盤ばね等の評価を行う。(目安時間:3時間)   -------- -------- 【中】(授業時間の15%〜50%) -------- -------- 【あり】
2.5ポイント
 
成績評価法
授業外レポート・授業への参加度を総合的に評価する。
 
  知識・理解 思考・判断 関心・意欲 態度 技能・表現 その他 評価割合(%) JABEE収集資料
定期試験(中間・期末試験) --- --- --- --- --- --- --- ---
小テスト・授業内レポート --- --- --- --- --- --- --- ---
宿題・授業外レポート --- --- --- --- 70% ---
授業態度・授業への参加度 --- --- --- --- 30% ---
受講者の発表(プレゼン)・授業内での制作作品 --- --- --- --- --- --- --- ---
演習 --- --- --- --- --- --- --- ---
出席 --- --- --- --- --- --- 欠格条件 ---
その他 --- --- --- --- --- --- --- ---
 
ルーブリック等の評価基準 ファイル名 備考
設定されていません。  
 
 
(注)ルーブリックとは、評価水準である「尺度」と、尺度を満たした場合の「特徴の記述」で構成される評価指標のことを言います。
 
教科書にかかわる情報
 
教科書その他の情報
適宜、プリントを配布する
 
参考書にかかわる情報
参考書 書名 建築物の構造関係技術基準解説書 : 2015年版 ISBN 4864580960
著者名 国土交通省住宅局建築指導課, 日本建築行政会議, 日本建築構造技術者協会編集協力 ; 建築行政情報センター, 日本建築防災協会編集 出版社 全国官報販売協同組合 出版年 2015
参考書 書名 最新耐震構造解析 ISBN 978-4-627-52093-6
著者名 柴田明徳著 出版社 森北出版 出版年 2014
参考書 書名 制震構造 : 理論と実際 ISBN 4-306-03330-9
著者名 小堀鐸二著 出版社 鹿島出版会 出版年 2004
参考書 書名 最新MATLABハンドブック ISBN 978-4-7980-3137-8
著者名 小林一行著 出版社 秀和システム 出版年 2011
参考書 書名 耐震設計シリーズ―応用編 構造物の動的設計 ISBN 978-4621022153
著者名 武藤清 出版社 丸善 出版年 1977
 
参考書その他の情報
・耐震・免震・制震のはなし-第2版-改正建築基準法対応,斎藤大樹,日刊工業新聞社,2008,ISBN:978-4526060519
・建築の構造設計そのあるべき姿,日本建築学会,2010,ISBN:978-4818942042
 
メッセージ
 
 
キーワード
 
 
持続可能な開発目標(SDGs)
SDGs9(インフラ、産業化、イノベーション)強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る。
SDGs11(持続可能な都市)包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する。
 
関連科目
 
 
連絡先
秋田:akita@yamaguchi-u.ac.jp
山田:kzyamada@yamaguchi-u.ac.jp
 
オフィスアワー
秋田:金曜日9・10限
 

ページの先頭へ